• 連絡先
  • HOMEに戻る
  • ゲーム
  • 音楽
  • 会社概要
  • 歴史
  • 取引先
  • 所在地
  • 連絡先
  • HOMEに戻る
  • ゲーム
  • 音楽
  • 会社概要
  • 歴史
  • 取引先
  • 所在地
電子メールの制限について

頻繁に不正なメールを送信する利用者を看過(放置)しているインターネット事業者(プロバイダー)は、不正なメールを原因とする問題の責任の一部を負うべきものと考えております。銀河企画では、そのような現状にあるインターネット事業者を経由する電子メール受信を、当面の間、行わないことにしました。

不正なメールの定義

「不正なメール」とは、主として、メールの送受信に必須となる緒元の情報が国際電子メール通信規約に従っていなかったり、その送り方が誤っているものを指します。

例えば、「from」については、@記号が無い場合や、架空のドメイン名を用いている場合、すなわち、メールに返信できないことが明らかな場合は、「fromアドレスの虚偽記載」のため、不正なメールに該当します。fromは最も重要な緒元の一つです。

「to」については、そのアドレスが存在しなければ、通常のエラーになって送信者に通知されるだけです。それは、誤記として常に起こりうることであって、不正なメールとは言えません。しかし、エラーとなることを知るはずの同じ発信元から、その存在しないアドレスに向けて何度もメールが送られた場合は、不正なメールに該当します。

また、当社のメールサーバーに対してリレー(メールの中継をさせること)を試みるメールは、その送り方が誤っており、不正なメールに該当します。

その他、国際電子メール通信規約のSMTPプロトコルに準拠していない場合、又は、送信元のドメイン名を偽ったり秘匿している場合が該当します。

受信制限の仕組み

サーバーによる電子メールの受信制限は、メールの本文を受信する前に送られてくる接続情報をもとに自動判定で行なわれます。これらの判定結果は、一定期間、制限リストとして蓄積され、判定条件に反映されます。すなわち、同じ相手から繰り返し問題のある接続要求を受けた場合には、自動的に制限レベルが上がり、最終的には、接続要求に対して無応答となります。また、判定には、メールの本文は参照しません。

メールの内容がウィルスを含んでいたり、エッチであったり、あるいは、それが一方的な広告であるか否かといったことは、上記での自動判定には影響しません。それは、メールの本文を受信する前に、判定を行なうからです。しかしながら、受信後にウィルスを検出したり、執拗な無許諾広告(スパムメール)、又は迷惑メールに該当するときは、受信者からの進言によって送信側の情報を制限リストに追加する場合があります。

※掲載内容、および技術上のご質問は、銀河企画にお問い合わせください。電子メールの不正利用防止対策にコンサルタントとして協力いたします。

右はメールアドレスを拾い集めている者への罠ですので、メールを送らないでください。 Do not send a mail to: fo@gpi.jp

電話の制限について

個人を対象として執拗に広告の電話を掛けてくる、いわゆる迷惑電話、又は、発信者が電話番号を明かさない場合につきましては、着信規制を行なっています。これは次の仕組みで実行しております。

(a) 固定電話または携帯電話から発信した場合で番号非通知の場合には、番号通知の設定をしてから再度掛けなおすようにトーキーが流れます。このとき、着信側のベルは鳴りません。
(b) 公衆電話からの場合には、発信者の電話番号をボタン入力するようにガイダンスが流れ、それが入力された後に着信側のベルが鳴ります。
(c) 警告を無視して頻繁に広告の電話を掛けてくる発信者の電話番号は、必要に応じて制限リストに登録します。
(d) 発信者の電話番号が制限リストに登録されたものと一致していた場合は、留守番電話が自動応答します。このとき、着信側のベルは鳴りません。留守番電話が応答中のときでも、通常の電話の発着信はできます。
(e) この仕組みは、NTTの『ナンバー・ディスプレイ』と、留守番電話機、アダプターなど市販の装置の組み合わせで実現しております。NTTの『迷惑電話おことわりサービス』は使っておりません。

なお、通常の電話であっても、約5秒以内に応対ができない場合には、自動的に留守番電話が応答しますので、ご了承ください。 ※掲載内容、および技術上のご質問は、銀河企画にお問い合わせください。迷惑電話およびイタズラ電話の防止対策にコンサルタントとして協力いたします。